info_pageHOME > 参考資料
参考資料

参考になった書籍
 ここでは、投資を行う上で参考になった書籍や、直接投資には役立たなくても、読み物として面白かった書籍を紹介しています。

リズム取りの教科書
タイトルに「商品先物」とはありますが、主に移動平均線とMACDのふたつのチャートの見方や、その計算式から考えられるチャートの意味するところについて、非常に分かりやすく書かれています。
しかし、この本で一番肝心な個所は、巻末の方に書かれているトレードエッジやリスクリワード比率に関しての部分だと思います。

Page Top


銘柄固定で三ヶ月周期の波に乗り、ゆっくりと売買する「うねり取り」について書かれています。
変動感覚を養うために手書きのグラフをつけることが必要など、うねり取りに限らずリズム取りにも応用できる基礎の練習方法が学べます。

Page Top


売買譜が載っていて、アマチュア投資家からの脱却に必要な分割売買、ツナギの重要性について述べられています。

Page Top


初めて読んだ時は、さっぱり内容が分からなかったのですが、しばらくしてから読み返すと、その重要性や内容について理解出来る様になりました。
投資のバイブルとしたい本です。

Page Top


グラフを利用する上での弊害についても書かれていますが、売買の基本的なやり方、練習方法、心構えについて詳細に載っていますので参考になります。

Page Top


リズム取りの定番教科書とも言える本です。
著者の投資歴や方法について知ることが出来、大いに参考になります。
売買譜も載っていますが、この様にうまく波に乗れることが目標です。

Page Top


酒田罫線法とは、日本の米相場における値動きの研究が基になっている、日本独自の罫線法です。
プロは大局を見てアマチュアは目先を見る、とよく言われますが、酒田罫線は、目先の値動きから大局を判断するものです。
内容は、一度読んだだけではよく分からないかもしれません。
しかし、売買には何がしかのヒントを与えてくれるような気がします。

Page Top


相場全般
それぞれ独自の方法を築いた投資家が登場します。その経過ややり方について色々知ることが出来るので、勉強になります。

Page Top


商品相場と題名には付きますが、内容は投資全般における心構えに関することです。
気を引き締めるために、時々読み返しています。

Page Top

相場心理
少し難解な本です。
相場には絶対的な方法はないので、自分なりのシステムを作って守る必要性について書かれています。
資金管理やポジション調節が、相場を続けていく上では大切だということが分かります。

Page Top


100項目に分けてテーマ別に、投資に関するアドバイスが書かれています。
内容もディーリングの現場の実際、精神論、理論など様々な分野にわたっています。
行き詰った時など時々読み返したくなる本だと思います。

Page Top

読み物
「金融青春小説」とでもいえるような本です。
タイバーツ暴落やロシア金融危機などの実際に起きた出来事やバフェット、ショールズなどの実在の人物が作品内に登場したりして、妙なリアル感があります。
主人公たち三人の教師である元トレーダーの、“マネー”についての考察が面白いと思いました。

Page Top


全部で400ページ以上ある本ですが、とても面白い本でした。
作者のバートン・ビッグスは長年モルガン・スタンレーに勤め、2003年に70歳にしてヘッジファンドを立ち上げた人物です。
その広い人脈を生かして、ヘッジファンド業界や運用に携わる人々の生態を描いていますが、登場する人物がどれも一癖ある人ばかりです。業界の事情なども皮肉たっぷりに書かれています。

Page Top


投資家たちへのインタビュー記事、金融商品の広告の落とし穴、お金との付き合い方等、盛り沢山の内容です。
もう少し深く踏み込んだ内容だったら、もっとよかったのですが。
外観はよくあるマネームック本みたいですが、とても良心的なマネー本です。

Page Top


長年為替のディーラーとして働いてきた著者が、業界の実態や経験について書いています。
実際の為替業界というものが、どの様に取引しているのか現場を垣間見ることが出来た気がして、面白く読むことが出来ました。

Page Top


ホームへ戻る

前に見ていたページに戻る

Page Top

main 490(float左)

この改行は必要→
main_box
inserted by FC2 system